豆腐建築からの脱出~モダン建築編~

Posted by

※脱出マップではありません

 

最近建築に夢中なので今回は豆腐建築からの脱出と称して他にもいろいろな方がやっているごくごく普通の民家を作るにあたり豆腐ではない建設にするにはどうしたらよいかについて解説していきたいと思います。


豆腐ではないモダンだ

豆腐建築から脱却するにあたって一番とっかかりやすいのってモダン建築だと思うんですよね。

切妻屋根っていうらしいあの三角屋根よりも四角の組み合わせでできるモダン建築の方が豆腐に近いので建築初めてだよって方は最初はモダンから始めるのがいいかなと思います。

今回利用したリソースパック:Soartex Fanver

Soartex Fanverはリアルっぽいリソースパックなので現代建築にとても向いています。結構有名なリソースパックだと思います。草ブロックとグロウストーンがキレイなんですよね。



 

モダンの定義について

モダンっていうのは実は定義がはっきりしていないものらしく、モダン自体は「現代的であるさま」を表す言葉なのだそうです。

日本では主にモノトーンのような単調な色合いシンプルなライン調のもので、スタイリッシュなものをモダンと呼んでいるようですね。

モダン建築に必要なブロック

マインクラフトで主にモダンに利用されるのは雪ブロックやネザー水晶ブロック、白のコンクリートブロックなどが利用されています。MODだと有名な竹MODに入っている漆喰などもよく活用されています。(ネザー水晶系ブロックはリソースパックにより風合いが大きく異なるので若干使いにくく汎用性には欠ける)

建てるものは豆腐×豆腐

モダン建築に必要なのは装飾(色合い的なもの)であって建築自体は豆腐に相違ありません。

豆腐建築を2~組み合わせることによって真四角ではないけど四角の形の建築にします。

今回用意した画像では本当に真四角のタイプを採用しています。より豆腐に近い感じにしたかったので。

リソースパックを変えても同じような仕上がりなのでどのリソースパックでも比較的作りやすいと思います。

細かな作り方はこちらの動画で見るとわかりやすいと思います。

手順1家の大きさと形を決める

まず最初に家の骨組みを組み立てていきます。とはいっても最初にやるのは家の大きさを決めること。

家を建てる土地をまず決めてそこに合わせた大きさで土台を作ります。使うものは白いブロックでそれが家の大きさを決める基礎になります。この時にある程度欲しい部屋を地面に直接ブロックで描いておくとあとから部屋の位置取りも決めやすくなります。

※例えばリビングには〇マスくらいの広さが欲しい+廊下+トイレ+お風呂+寝室など欲しい部屋数と部屋の大きさ、位置関係が頭の中で明確だといいということです。

手順2土台に合わせて柱を立て、2F部分と屋根を組み立てる

基礎を地面に描くことができたら次は柱を立てます。柱の建っている場所は基本的には部屋の角とブロック同士が交差する場所と大体決まっています。モダン建築では柱と壁は同じ素材を使うことがほとんどなので特に気にする必要がありませんがファンタジー系の家を作る場合や現代建築でも普通の家のようなタイプの家を造る場合には柱の形も強く意識しなければなりません。

柱は基本的に垂直で曲がったりはしません。(よほど変形タイプの家を建てない限り)プレイヤーの大きさは縦2マスなので2マス分の高さがあれば通ることができますが、圧迫感などを考慮して5マス程度の高さに天井を置くといいでしょう。

そこまで作ったら天井の位置に床材にするブロックを敷き(今回は壁と同じブロックを採用)2F一面を作ったら1Fで建てた柱をさらに5マス程度縦に伸ばし、天井用のブロック(今回は壁と同じブロック)で天井を閉じます。真っ平でおkです。

そしたら玄関をつける面の柱から4マスほど伸ばし、伸ばした先に柱を立てます。

その柱から1マス内側、家の壁と柱の間に色の違うブロックで囲いを作ります。写真で言うと黒いブロックの部分になります。

黒いブロックの隣に更に白いブロックで柱を2マス分立てます。白い柱の間の部分は玄関前の装飾になるので格子状にしたり互い違いのブロックを置いたり、その部分を2重扉風にするなどいろいろパターンが変えられます。

今回は白いブロックと鉄柵を交互に置いて装飾しています。

出っ張っている部分はベランダになるので天井をつけるかつけないかはお好みですが今回はベランダも屋根をかぶせてみました。

ここまで来たら外観は装飾を除いて完成しているので内装と装飾になります。

手順3部屋の配置と装飾

外観が完成したら土台で作った通りに部屋割りをしていきます。柱に沿って壁になる部分をすべて埋め、扉を設置します。

後は好みに合わせて装飾をするわけですが、一例を用意しました。

玄関までの通路です。通路も飾りがないと味気が無いので石ブロックと草ブロックで格子模様にしてあります。足元が暗いので柵の下にグロウストーンを埋めてあります。入口と区別するために一番奥は葉っぱブロックで入れないように仕切りをつけてあります。

玄関です。入口には葉っぱブロックで植木の装飾、階段ブロックを逆につけて玄関前のちょっとした棚というか小テーブルを表現しています。一番奥は音符ブロックに額縁と白いカーペットをつけて回したもの。物入風の装飾です。

玄関を抜けるとすぐにLDK(リビングダイニングキッチン)になっています。窓をつけているのでお客様が来てもすぐにわかるという設定ですね。

テーブルにはピストンの下にレッドストーンブロックを置いて伸ばしたものを使っています。天井は半分吹き抜けにして2Fの天井からグロウストーンを鉄柵によって吊り下げています。キッチンはかまど、制作台、大釜を使用。コンロ・作業スペース・流し台というイメージですね。

TVは黒いブロックに絵を張っただけです。下に音符ブロックを置き額縁をつけてスピーカー風になっています。最近は戸棚と合体しているものも多いので両脇に棚もつけてみました。

トイレ・風呂はすごく狭くなってしまったので割愛です。トイレは洋式なのでネザー水晶系ブロックを使用しています。トイレとお風呂の作り方は有名かなと。

階段下の物置部屋です。階段の下に扉をつけて物置を表現しています。中の物入は玄関と同じ音符ブロックの物入を使っています。

手前のクローゼットもチェストに扉をつけただけの代物。

階段の手すりには現代風にガラス板を使用しています。

2F部分はちょっとした娯楽スペース。寝転んだり本を読んだりするスペースです。基本的には本棚と音符ブロックの物入が置いてあるだけ、1Fの明かりが天井についているのでそれを隠すためにカーペットを敷いてあります。

玄関のちょうど真上の部屋が寝室になります。ベッドを置いて階段でテーブルと棚を作ってあります。化粧台のイメージですね。鏡は旗でできています。奥の部屋はベランダです。

玄関前の天井部分がベランダですね。落ちないように柵をした以外は特に装飾していません。

今回作った家が意外と天井が低かったので天井無くてもよかったかもしれませんね。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です