保険で痴漢冤罪から自分を守る!?知られていない保険のサービスとは

Posted by

毎日ぎゅうぎゅうの通勤ラッシュに揉まれていると痴漢のニュースが気になりますよね。

自分はするつもりはない。やっている人は最低だと思う一方、あのぎゅうぎゅうの電車内で通勤している間に電車がゆられてついうっかりぶつかる可能性がゼロというわけでもない。こちらはうっかりぶつかっただけでも女性側が「痴漢だ」と言えば痴漢になってしまう風潮がある。ぶつかったのが手ならもういい訳のしようもない。本物の痴漢の言い訳だって大体「ぶつかっただけ」というに決まっているのだ。

更に質の悪いことに女性の中には「わざと」ぶつかってきて痴漢を演出してくる人もゼロではない。

あの手この手で痴漢冤罪から免れたいが、女性専用車両はあって女性は逃げ場があるのに男には共用車両しかなくて逃げ場がない。むしろ女性専用車両があるのに共用車両に乗ってくる女性は痴漢冤罪狙いなのではないか?とさえ疑ってしまいたくなる。

もちろん妄想の中の話でしかないのだろうが、男性専用車両ができるまでは可能性は無くならない。

そんな男性の救済かというよりは立場の弱い男性に向けて新たなビジネスが保険業界で展開し始めている。

それが「痴漢冤罪保険」だ。

そもそも痴漢ってどんな罪になるのか

日本の法律には「痴漢罪」などという法律は存在しない。

基本的には迷惑防止条例違反になるか、強制わいせつ罪になるかのどちらかのようだ。どちらになるかは事件の程度によるようだが、軽くさわった、という程度なら迷惑防止条例違反になる可能性が高いようだが万が一「転びそうになって女性に抱きついた」となると強制わいせつ罪になるかもしれない。あくまでかもだが。

ここで警察沙汰になって裁判という流れになってしまうと周囲に痴漢したと知られてしまうのは勿論下手をするとその後冤罪と認められ無罪になっても「痴漢と疑われるようなことをしたやつ」というレッテルが貼られてしまう。いくら無罪で名誉は守られてもテレビに放送されようものなら社会的地位が失われる可能性だってある。テレビなんてものはまだ疑いがかけられてる、という段階でもう名前を出すものだからまるで「こいつ犯人です」という風に見えるものだ。

犯人と確定する前の段階でもう犯人に仕立て上げられてしまうのだからたまったものではない。

口達者なら痴漢の疑いがかけられたその場で誤解を解くこともできるだろうが、口達者の真似をしてみてみんなうまく冤罪を切り抜けられるのならだれも困らないというもの。

そこで出てくるのが「示談」と「弁護士」になる。

もちろん自分は本当はやってないのだから示談するのには抵抗があるかもしれない。

けど相手は痴漢をされたと思っているし、自分は悪者の立場になる。

なら悪者は警察送りにしてやる!という考えで譲らない人もいるということを忘れないでほしい。

下手に意地を張り合って警察を呼ばれて騒ぎになると困るのは自分の方だから。

テレビには被疑者の名前は出ても被害者と思われる女性の名前は報道されない。

女性側には引く理由がない(無罪になって勘違い女だっていうのも世間にはばれないし、気分は悪者を退治する気分かもしれないし、気持ち悪いからこいつ警察にやってと思ってるかもしれないし)のでどうしても手を引くのは男性側になってしまいがちだ。

結局お金目当てか、と思うのもわかる。悪くないのに示談をするのに抵抗があるのもわかる。

けど必ずしも疑いをかけられた時に冤罪だと言い切れる状況ではない可能性だってあるのだ。

やっちゃいけない対応

痴漢の疑いがかけられた時に冷静であれということのほうが難しいが、駅員や警察に不当な扱いを受けたとしても絶対に「自分がやった」などと罪を認めてはいけない

また「逃げる」行為についても「逃げる」=「悪いことをして捕まることを恐れている」とみなされるのでNGだ。

とりあえず駅員室に、というのも「必要ない」と断ること。その場を離れてしまうことで自分が無罪である証拠があやふやになってしまうからです。証拠が保全できるのなら保全できる限りすること。

それで逮捕を免れられるのならそれに越したことはないが、そう世の中うまく行くものではない。

自分では自分の言い分をうまく伝えられない時もあるし、裁判をするなら弁護士だって探さなければならないのに捕まってからでは自分で準備もままならない。そもそも裁判をしたくない。

そのために「痴漢冤罪保険」が役に立つ。

自分を助けてくれる弁護士がすぐに仲裁に入ってくれるのは大きい。会社の顧問弁護士を当てにしている人もいるかもしれないが、その考えは捨てた方が良いだろう。犯人のレッテルが貼られた社員は会社の名誉を傷つけると思われる可能性もあるし、下手をすると見捨てられて最初からいなかったかのようにクビにされる可能性だってあるのだ。会社の顧問弁護士はあくまで会社自身を助けるためにいるのであって社員を助けるためにいるのではない。

 

正確に言うと弁護士保険という

正確に言うのなら「痴漢冤罪保険」というのは誤りで「弁護士保険」というのが正式名称になる。

まだまだ発売されたばかりの保険なのでこれから保険商品としての性能は向上が見込めるし、なにより「痴漢」以外でも使えるのがうれしい。弁護士が必要な事案なら自分で探さずともすぐに弁護士が見つかる。


正直私は弁護士を探した経験があるので言うのですが、弁護士を選ぶ基準は素人にはよくわからないですし、探すのにも手間と時間がかかります。せっかく良さそうなところを見つけても個人弁護士事務所だと今忙しいからよそに頼んでと断られることも多く、相談までこぎつけるのすら大変だったりします。

下手な弁護士を雇うと解決するものも解決しませんし個人で雇うと「今手続きをするための準備」と言いながらも放置する悪徳弁護士までいますからね。

保険で弁護士が雇えるならさすがに放置はされないでしょうから自分で雇うよりも手間も時間もかからないですしリスクも減りますからかなりオススメです。

今までの自分の保険の見直しも兼ねて弁護士保険の検討もしてみませんか?

スポンサーリンク
たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】


保険の無料相談【保険ランドリー】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です