ホンビノス貝を食べてみたい!

Posted by

ホンビノス貝ってなに?

毎週土曜日18時30分から放送される「満点☆青空レストラン」に今回紹介された変わった名前の貝「ホンビノス貝」。以前は「白ハマグリ」と呼ばれていた貝で東京湾でしか採ることができない日本では珍しい貝なのだそう。名前が変わったのはハマグリと混同されないようになのだとか。一方アメリカではクラムチャウダーの材料として結構メジャーに取引されているそう。「クラムチャウダーのクラムってアサリのことだと思ってました・・・」って人結構いそう(笑)

クラムチャウダーのクラムは「二枚貝」という意味なのでアサリ限定というわけではないんですね。

ホンビノス貝

ホンビノス貝はもともと白ハマグリと言われていただけあって見た目はハマグリそっくり・・・。

けどハマグリとは別種なのでハマグリはお高いのにホンビノス貝は超安い!!!((((;゚Д゚)))

これは産卵期の直前で最も身が肥えていておいしい時期のハマグリの代わりに使うっきゃないですね!(*’ω’*)و

4月には産卵期に入るので3月中が最もおいしいらしいですよハマグリ(ノД`)コソッ貝類は基本的に春先が一番おいしいそうです。つまりホンビノス貝も今がおいしいんですよたぶん!!!(๑و•̀ω•́)و

殻付 はまぐり 2L 特大サイズ 500g 約10個から15個 【 蛤 / ハマグリ 】冷凍品

 

違った・・・!ホンビノス貝に旬なんてなかった(  Д ) ゚ ゚

ホンビノス貝は元々外来種のため生存能力が高く生態系に影響すると言われるくらい強い生き物なので、旬にかかわらず一年中おいしく食べられるそうです。中には漁業権に関係なく無料であげているところがあるとか・・・。それくらいいっぱいいるんですね。

 

ホンビノス貝をおいしく食べるには

基本的にはアサリなどの貝類と同じ扱いで、一晩砂抜きをしてから食べるのが普通なのだそう。でもアサリやハマグリよりも砂を飲んでおらず海水程度の塩水につけておけば簡単に砂をはかせることができるそうです。

生存能力が高くて身が大きくておいしいし安いうえに砂抜きまで簡単とは・・・なんてイイやつなんだホンビノス貝(´;ω;`)ウッ…

砂抜きをすれば酒蒸ししてすぐ食べるもよし、むき身にして加工調理するもよしの簡単調理なのでテレビで見たレシピもすぐ実践できますね!

ホンビノス貝酒蒸し

ホンビノス貝は量がたっぷりでも500円から!スーパーに置いていない地域でも今はネット通販でどこでも手に入れられます。スーパーだと首都圏しか置いていないのかな・・・・?宮城県では見たことないけれども・・・

そういう時はAmazonが楽天市場で買いましょう!冷凍でも冷蔵でもすぐに届けてくれますので。

Amazonから買いたい方はこちらから


ホンビノス貝 1kg 約25-35粒入り

 

楽天市場から買いたい方はこちらから

[即日発送可]1kgで約25−35粒入りのホンビノス貝は酒蒸しや、お吸い物に最適なサイズ!いろいろなお料理でお楽しみ下さい!たっぷり入ってワンコインの500円!

放送からしばらくたつと込み合うので品切れになったり日数がかかる場合もありますので早めに注文するか数日待ってから注文しましょう!

 

アサリの代わりに酒蒸しにしても良し、ハマグリの様に焼いても良し。天ぷらも炊き込みご飯にも使える。パスタの具でもクラムチャウダーでもお味噌汁の具でも使えるなんて便利すぎる・・・!

シーフードミックスみたいに冷凍で安く市場に出回ることを願いたいですね(*’ω’*)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です