クラウドソーシングでしっかり稼げるなら自立できるよ君。

Posted by

私はアフィリエイトの他にクラウドソーシングもやっているのだが、最近思うことが少しずつ出てきた。

まず

・タスクだけに異常に偏って応募されていて数分で終わるアンケートみたいなやつに300文字書いて1円とか安く買いたたかれているってこと。

・プロジェクト形式だと説明が何させたいのかがわからない(専門用語が多い・説明不足)ので自分にできるかどうかが判断不能でしかも金額が高かったりすると初心者不問とか書かれても後から揉めそうで応募しづらいってこと。

まず、タスクの話だがタスクというのは不特定多数のいわゆる素人さんがやってくれるわけだから中には雑に仕事をこなす人もいるので失敗しても損失がでないように単価を下げてやってもらうというのは理解できる。

それにしたって1円て結構ひどい気がするが。

街角アンケートみたいな一昔前ならタダでアンケートさせてたことを考えればお金を払ってアンケートに答えてもらっているだけマシなのだろうが、1円・・・?と疑問符がどうしてもついてしまう。

面接抜きで作業ができるっていう意味でいうなら万々歳なのだろうがこれだけで稼ごうというのは実際不可能に近い。

クラウドソーシングで稼ごうとするならプロジェクトに参加するのは必須事項になるが、プロジェクト作業は今度は面接が必要になってくる。

暇なのは今だけなのに継続作業を求められると何とも応募しづらいし応募する所からしてハードルが結構高い。ネットなんて人見知りの巣窟みたいなものなのに応募できる勇気なんてあるのか。言っとくけど私にはないぞ。(だからクラウドソーシングではうん百円しか収入ないです)毎回企業面接するようなものじゃないの・・・。

そして説明を読んでいても自分の持っているスキルでその仕事が可能なのかが全く分からない。大体詳細は応募してから、だからだ。

明かせない内容なのはわかる。企業秘密なのはわかる。

けど作業する方からしたら固定報酬いくらと書かれていても固定報酬以上に働かされたらどうしようとかそういう不安はいつも付きまとっているものだ。

1回〇〇したらいくら、と提示しているわけではなく全部やっていくらなわけなのでその全部がどのくらいあるのかが計り知れない恐怖がある。

アフィリエイト記事の製作など固定5万と書いてあるのに説明には1記事500円と書いてある。一体何記事作成させるつもりだ・・・?と思うものもある。※推測するなら100記事書かされることになるわけだが。

私がアフィリエイターなのでよくわかるが、書くことが決まっている状態で1記事書くのは大した時間がかからない。1000文字なら10分程度で終わる作業だ。

だが仮に書くことで決まっているのはキーワードだけであとは自分で調べて書いてね、一日5記事よろしく文字は1記事3000字以上よ。って言われたら悲鳴をあげたくなる。何が大変って、書く記事の内容考えるのが一番時間かかるからだ。

ぶっちゃけそれが簡単にできるよって人は今すぐクラウドワークスなんてやめてアフィリエイターになることをお勧めする。ASPに登録するなんて無料なんだし無料ブログだってアフィリエイトできるわけなんだから。わざわざ誰かに記事安く納品する意味が分からない。その記事に自分のアフィリ貼って誰かに見てもらった方が500円より稼げちゃう場合もある。もちろんない場合もある。

ちなみにここまでの文章で書いてる文字数は最初の私は~から数えて1000文字越した程度なので3000字にするのにどんだけ内容が必要なのかわかるだろう。

パッと書きなぐったぐらいじゃ到底3000字なんぞいかないのだよ。

キーワードについてシッカリ調べて、起承転結にそって前置きから初めて調べたことミッチリ書いて、必要なら引用と説明用の写真載せて(しかもフリー素材とか自作のやつとかとにかく利権関係に引っ掛からないように気を付けて)検証だの感想だのつけてやっと3000字になるんですよ。

いや、私の場合感想入れたら長くなって3000字越すこと結構あるけども・・・。

そこで何が言いたいのかっていうと最初のタイトルに戻るんですけど

クラウドソーシングで稼げるなら自立したらたぶんそれ以上稼げちゃうよ君

ってことなんですよ。

ちなみにこの辺で1700文字くらい。

この辺で読むのうんざりしてる人はたぶんアフィリエイトはおろかクラウドソーシングでも稼げないと思うので大人しく違うお仕事探そうね。

それで話は戻るんだけども、タスクは1円でも大量に応募があって、プロジェクトだと5万円でも応募0件なのはまさしくその辺に理由があると思う。

応募している人は(私を含め)今すぐパッとできる仕事で説明とか前置きとか必要な難しい仕事ではなく「これコピペしといて」みたいな簡単な作業の方やりやすいんじゃないかなっていう想像です。はい。

1記事書いておいてと頼むよりも1件単価安くわけてキーワード考えてくれる人、資料のページ大量に探してくれる人、記事書きなぐってくれる人、校正してくれる人って細かく作業分けてタスクで発注すれば食いつくんじゃないかなって思った次第なのです。

もし何度か発注したんだけど1回も応募してもらえない・・・って人は説明がわかりにくかったり行程が多すぎたりすると思うので(受注者側から見て面倒な作業だな・・・って思う様な内容のものだったりする)分けて発注するのを試してみてください。

1000文字程度なら書く記事決まってれば10分程度で終わりますからキーワードを大量に用意してさえいればリライト記事は別段難しくないですよね。コピペを判断するツールは必要になりますが。

で1000文字程度の文を書いてもらって、それを纏めてくれる人にコピペして文脈おかしくないかとかぐらいの補正をしてもらう。

納品はWord文書かなにかにしてもらって、後は写真貼り付けてアフィリ貼って・・・。

キーワード担当や資料探しの人には1件1円でもOKで大量に集まると思うし、それこそ簡単でコピペでできる。

1記事に纏めるにあたって必要なクオリティが3000文字なら3人で割って1キーワードあたり1000文字ずつ書いてもらうとして「〇〇とは何か?」で1000文字、感想に1000文字と言った風な分け方で。1記事200~300円くらいで十分かと思われる。10分と考えるなら100円でもアリといえばアリ。

纏める人にキーワードごとに書いてもらった文書渡してサイトにコピペしてもらって多少調整してもらう。文章おかしくないようにぐらいで。これも数分で終わるけどワードプレスの触り方知ってる人じゃないとってところで1件100円くらいでなんとかなるんじゃないかなって想定です。だってコピペだし。

そうすれば1記事700円くらいでできるんじゃないかなーってただの想像です。あくまで受注者側の気持ちとして。1500文字くらいまでは勢いでなんとかなるレベルだと思うので記事作成者二人でもいいわけだし・・・

難を言うなら全員同じ口調にそろえなきゃいけないってこととなにについて書いてほしいかは具体的に言わなきゃいけないところですよね。同じキーワードで話もダブったら台無しなので。〇〇ってなに、原因はなに、って風にキーワードの中でもより絞った話を書いてもらわなくちゃいけないのが困りますけどね。

そしてここまで書いてようやく3000字くらいになります。あくまで目安ですけどね。

読む人によってはゲンナリするくらい長かったのではないでしょうか。

独り言で話してるので画像ないですしおすし。

ここまで難なく読めた人は自信をもってクラウドワークスでお仕事できると思いますよ。3000字?なんだ短いじゃんって思ったらドンドン仕事受けてください。

クラウドワークスへの登録はこちらから

クラウドワークス向いてないわって人はアフィリエイトを始めてみてはどうでしょう?私はこの本を買ってアフィリエイト始めました。「アフィリエイト」の言葉も知らなかった私でも理解できた教科書です。

楽天市場からの購入はこちらから


世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生 [ 染谷昌利 ]

Amazonから買いたいって方は↓こちらから

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です