【Minecraft1.12.2】HeatandClimateMODを使ってみた!使い方解説①紹介~布と衣服

Posted by

HeatandClimateってどんなMOD?

マインクラフトの世界に気候(温度や風の状態など)の要素を追加して、精錬を行ったり、気候によるダメージなどのサバイバル要素を強化するMODです。サバイバルで楽しむのはもちろんですが、装飾系用品が揃っていることや、食品をワールドに設置できるのでクリエイティブ用の装飾MODとしても優秀。もちろん食品は見せかけではなく実際に食べることができ、調理なども楽しむことができます。バージョン1.7.10で人気を博したAppleMilkTeaMODの後継です。AMTMOD同様お茶の要素も入っています。後継というよりさらに要素アップした感じでしょうか。




温度によって精錬する要素として鉱石が追加されていたり(銅や亜鉛などの追加鉱石をクラフトして合金まで作る要素)気候に対応するために服の概念が追加され、服を作るための製糸系の要素があったり、食事をもっとリアルに制作するための要素などが追加されています。

前提MODとしてHeatandClimateLibが必要ですが、作者wikiに両方並べて置いてあるので導入に迷うことは無いはず。シングルならどちらもmodファイルに入れるだけでOKです。

作者wiki→https://defeatedcrow.jp/modwiki/HeatAndClimate



MODを導入したらまず何をする?(サバイバル)

MODを導入したら、まず最初にやるべきことは服を整えることです。バニラの状態では死ぬような気候になることはほとんどありませんが、装備の無い状態では溶岩の近くに寄るだけで溶岩に触らなくても気候ダメージを受けるようになります。なのでまず衣服を整えるのが第一です。Biome O’Plentyなどのバイオーム追加系MODを一緒に導入している場合はバイオームによっては全裸で歩くと気候ダメージを受けるようなバイオームもあるので(Alpsなど標高の高いバイオームに行くと凍えてしまう)、なによりまず服を整えることが第一です。

革装備でもある程度の気候ダメージを防げるのですが、一番良いのは布で作るダブレットという腰に装備する一枚着の衣服です。作業着のような?下着のような?感じでしょうか。ダブレットは亜麻とキルトの二種類あるのでこのどちらかを作ることになります。腰防具自体にはほとんど防御力は無く、逆に鉄装備やダイヤ装備には気候耐性が無いので、基本的には腰に布の衣服を着て他の部位をダイヤ装備で防護するというのが基本の使い方になります。

布を作るにはまず糸を用意

服を作るには布が、布を作るにはまず糸が必要になります。糸は亜麻糸、木綿糸、絹糸、合成糸や魔導糸などいろいろ種類がありますが、一番最初に目指すのは亜麻糸か木綿糸のどちらか。絹糸は蚕の入手が必要ですし、合成糸系は後述の鉱石要素が必要になってきますので一番最初に作れるのは亜麻か木綿のどちらかになります。

亜麻糸の作り方

亜麻糸は雑草(バニラ以外にもBOPの草なども対応している)をハサミで刈り取り、棒でひと巻きすると出来上がりです。たくさん使うので雑草の刈り取りは水でするのではなく地道にハサミを使うことをオススメします。

木綿糸の作り方

木綿糸はクモの糸から使います。雑草同様に大量にクモの糸を消費するのでクモのスポーントラップとの併用が好ましいです。他MODを利用して羊の毛からクモの糸に変換するなどできるとなお良し。

糸を作成した後はどちらも同じで4マスに囲うと布になります。

 

布は服だけじゃない!大量に必要なワケ

布が完成したらまずは衣服を整えましょう。服は防具と同じようにダメージを受けると耐久値が減っていきますのでいくつか予備があると良いでしょう。更に言うと耐久値が500ほど(部位によって異なる)もあるダイヤ装備と比べて、布装備は耐久値が75しかありませんのでわりと頻繁に壊れます。壊れてから用意しているとネザーなどに行ったらダメージを受けてしまいますので予備は用意しておきましょうね!!

亜麻のダブレットのレシピ(亜麻布を使います)

亜麻布を使うとこんな感じ。(右画像参照)

これ1枚でバイオームの気候でダメージを受けるようなことは少なくなります。(鉱石を加工する際の熱源でダメージを受ける可能性はあります)

作業着にしては結構おしゃれなのでクリエイティブなどの建築では洋服屋を表現することもできますね。

キルトのダブレットのレシピ(木綿布を使います)

レシピは同じですが、木綿の方が上位の材料なので気候耐性に関する性能がアップします(熱耐性は同じだけど寒さに対する耐性が2アップ)これを着ていればほぼほぼ気候でダメージを受けることは無いはずです。(鉱石を加工する際にダメージを受ける可能性はあります)

デザインも亜麻布のものよりも若干市民感?が出ていますね!

ちなみに絹糸で作るとこんな感じになります。帽子なんかもあります。絹のウェストコートの性能はキルトのダブレットと一緒。

 




 

ちなみにこの布ですが、服以外にもインテリア用品に使用します。

羊毛の代わりに並べればベッドになりますし、実際に座れる椅子やソファーにもなります。

更に建築勢歓喜のオーニングテントも作ることができます。

※オーニングテントとは→よく洋風のお店などの前にかかっている日よけの事です。マインクラフトでは羊毛やレンガブロックで表現されることが多いですね。

 




次回は鉱石と気候精錬について書いていきたいと思います

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です