「謝らせないと死ぬ病」のやつは結局のところ何がしたいのか

Posted by

日本人と言うのはよくも悪くも謝罪の好きな国だ。

小学生のころから「謝らないと許さない」って人の気持ちが実は私にはいまいちわかっていない。

謝ったところで反省しないやつなんて沢山いるし、謝られたからといって許せないという人も多いだろう。

実際私は子供のころから謝ることと許すことは別問題だという認識なので謝罪したから許してもらえるとも思っていないし逆に謝ってもらっても許さない場合もある。

ちなみに言っておくが別に私は「謝ったら死ぬ病」の罹患者ではないので己に非があると認識している場合は反省しているという意を示すつもりで謝罪はしている。ただ自らの意見をなんの納得する理由もなくただ意見を折り曲げられるというのは絶対にしたくないのでそういった場合は何が何でも謝らない。納得するまで。それを「謝ったら死ぬ病」だクズだというならそれはそれで結構だが最初に言ったように反省する意図も無くただ平謝りするならその先に何があるのか?ただ「謝れ」と言った人たちを満足させるためだけのことで、なんの解決法も導き出されていないことになる。永遠に互いの溝は埋まらないわけだ。原因も解決もされていなければ当然だがまた同じことをいつか言うだろうし互いの理解も永遠に得られない。なぜなら理解の場を設けずに一方的に賠償を求められているからだ。

大概揉める原因はどちらか片方だけに非があったという場合でないことの方が多く、両方に非があるのに片方だけが謝るのはそもそも筋が通らないと私は思っている。

時に錯覚してしまう、世の中に正義と悪しかないように

例えば、非道徳的な意見がTwitterで呟かれたりすると、世の中の大半の人間がそれがまるで悪であるかのように叩き出す。もちろん道徳に沿って生きていくことは良いことだと思うが、叩いている風景が正義のヒーローが悪を倒しているように見える。もちろん叩いている本人たちもそのつもりで相手を改心でもさせようとしているのかもしれないが、最初に発言された非道徳的な意見は絶対に存在してはいけないものなのだろうか。異なった意見を改心させるという発想がもう一種の「異教徒狩り」であるし、自分の正義=みんなの正義=それ以外は悪と決めつけて良い物なのだろうか。

「迷惑をかけた」と言ってかたくなに謝罪を求めている場合もあるが、単に人と違った意見をだした、というだけのことに迷惑がかかるというなら「みんなと同じ意見」以外の意見は口に出すだけでもう犯罪行為なのであろうか?世の中を騒がせたのが迷惑なのだろうか?騒いでいるのは最初に発言をした人ではなく発言に反応した人の方ではないのか?そもそもそんな発言をしなければこんなことにならなかった?つまり「みんなと同じ意見」以外は問題になるから最初から口に出すな。ということになる。

まさしく臭いものに蓋ではないが、揉めることには最初から手を出さず考えもせず解決法も見出さないということになる。それで「みんなの意見」というもので触らないように蓋をしている気がする。

公職についているものならプライベートな一言でも問題発言としてとりあげられるが、彼らにプライベートは許されないと言うことだろうか。誰にも知られていない一般人は平気でその言葉を口にしているというのに。

逆に言った本人ではなく別な誰かを経由したことによって解釈が湾曲される場合もある。私もこのサイトで解釈を考察していることがあるが、当然全員に当てはまるものではないし、湾曲して捉えている場合もあるだろう。ここまでくると言った本人の意思うんぬんは関係なくてやはり解釈をした側が騒いだから大騒ぎになるのだと思うがどうだろうか?

悪いのは分かった。だが集団リンチするのは悪くないのか?

ひねくれてるからそんな考えをすると非難する人がいる前提で話していますが最初に「みんなが悪いと思う意見」を出した人を叩いてその人が死んでしまったら悪いのはやはり「みんなが悪いと思う意見」を出した人なのでしょうか。

もちろん責任性が0とは言いませんが、叩いた側に責任がないと言い切れますか?

例えば一人が100人に向けて「バカ」と言ったとしてもその100人が一人に向けて返す言葉は「バカ」だけではないし、威力が違いますね。

一人が100人に一発ずつ殴ったとしても軽傷で済むでしょう。よほどのことがない限り。でも100人が一人に一発ずつ殴ったらどうなりますか?

たぶん死ぬと思いますよ。

やってることは同じでも数がいるというだけで威力が違います。

「バカ」と発言した方はもちろん相手を怒らせてしまう想像力もその後の責任を考える力もなかったのでしょうが、責任を取らせようとして集団リンチして相手を殺すのは果たして仕方がないことなのでしょうか。

日本の法律で言うなら正当防衛は認められていますが過剰防衛は逆に被害者側が加害者側になってしまいますから、つまりいくら一人に100人が叩かれたからと言って100人で一人を叩いてはいけないということです。

それでも強引に謝らせようとして100人で叩かないと気が済まない人がいるあたり「謝らせないと死ぬ病」って人がいるのかなと思っています。「謝ったら死ぬ病」の人に謝らせたら死ぬって理解しているのに謝らせようって行為は相手を殺そうとしていることと同義じゃないですか?そして100人で叩いて謝る以外の道をふさいだ挙句「謝ったら死ぬ病」の人は自殺してしまうのですよね。

そこまでして他人の発言をねじ伏せることに正義を感じているんだとしたら正直異常だと思います。間接的でも人殺しには違いません。自分の正しいを思っているルールを押し付けて人を傷つけているという意味では問題発言をした側と同じです。


日本人の切腹の名残かなと思いますけど、謝罪のために人を殺していいなんてことにはなりません。今の日本人には寛容が足りなさすぎます。問題発言をした側も叩く側も。

問題発言をした人がもう少し寛容だったら差別発言や問題発言は出なかったでしょう。

それを聞いた人がもう少し寛容だったら、ああこういう意見もあったんだなと思うことができたかもしれないし、この人ちょっとイラついてるだけなんだそっとしておこうって思うこともできたかもしれません。

明らかに犯罪であるにしろ、倫理的な問題であるにしろ、日本の国では悪い人も「人」です。やったもの勝ちって意見もあるかもしれませんが、仇討ちも日本では禁止なのです。

今日はちょっと日本人は「自分は良い人」と思いながら人を殺そうとする人が多すぎるなって思いました。本当に「良い人」は寛容できる方のことですよ。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です