「親睦会は夜に酒を飲みながら」はもう古い!若者と仲良くなろうと思うなら酒ナシでランチにすべし

Posted by

昔から親睦会と言えば仕事が終わったらみんなで飲み屋に行って潰れるまで飲んで無礼講で・・・というのが昔からのしきたりと言いますか、それが上司と部下のコミュニケーションだと思っていらっしゃる方も結構多いかと思いますが、その一方で「飲み会を断る若者が多い」と感じてはいませんか?

若者は付き合いが悪いと思っているかもしれません。

それこそ昔の考え方なら上司と部下と仲良くなるにはそれが一番の方法で、会社ともなるとそれ以外でプライベートな接点はないですから互いを理解するのに飲み会の場はある程度必要だったと思うのです。

でも一つ言っておきましょう。彼らは「付き合いが悪い」わけではないのです。彼らもそれが本当に必要だと思うなら飲み会でも親睦会でも参加しますし、いつまででも付き合います。

逆に言うなら、最近の若者にとって親睦会や飲み会というものは「必要ない」ものなのです。

今どきの若者は「無駄」なことはしない。

今の若者は会社に仲間の輪を感じることはあまりありません。

会社とは仕事をする場所であってサークルではなく、会社の同僚はビジネスパートナー。もちろんこの見解は前世代共通であるでしょうが、今どきの若者はビジネスパートナーとして以上に親密になる必要性を他の世代ほど感じていません。

仲の良さは仕事上の連携を保てるほどあれば良い程度。それ以上仲良くなればいずれ決裂する可能性があることを知っているからです。仲良くなって、喧嘩してスムーズにいかない時間があることが「無駄」であり、仲良くなることが喧嘩につながるのならそこまで仲良くならなくても良いと思うのです。

夜の飲み会は明日のスケジュールに響く

夜に飲んだら明日がつらいことも目に見えてわかっている事実です。なのでツライ明日を避けるために夜の飲み会を嫌がります。しかも飲み会は疲れとアルコールによって失態を犯しがち。それを後日ネタにされることも嫌いなので基本的に相手に不快な思いをさせるようなことは嫌がります。

しかも無礼講とは言っても最低限の礼儀は必要なもの。無礼講=対等ではありません。

その枷はより飲み会に行きたくなくなりますし、接待されたいがために飲み会に誘う上司も下心が見え見えなので嫌がります。

上司にゴマをすることに最近は意味がないことを彼らは知っている

昔は上司にゴマをすって、気に入ってもらって、ある程度仕事ができれば上司になれました。

ですが今は上司になれるような人は昔ほど多くは無く、万年ヒラ社員であることも珍しくありません。

実力主義になりつつある社会で、若者からしたら上司のあなたの接待に付き合って気に入ってもらうことにいささかの価値も見出してはいません。あなたに気に入ってもらったところで今後地位が上がるわけではないと思っているからです。それを知りながら飲み会に誘う上司は接待してもらいたいだけの「かまってちゃん」だと彼らは認識しています。

今後地位が上がる見通しがないのならあなたの接待に付き合うメリットなど一片もないので、最終的に飲み会を断り、自分のために時間を使うことを選びます。飲み会の時間があれば好きなことはできるし、自分を磨くことだってできるからです。

「上司の接待するなら残業代が欲しい」というTwitterが流れたことをご存知でしょうか?

もしあなたが会社の顧客であるなら、部下である若者たちは普通に飲み会に参加する事でしょう。

ですが彼らは上司を接待することに会社の利益も自分の利益も見出せませんので無駄な業務だと認識しています。後々の利益につながる顧客なら今の無益は許せますが、あなたを接待することに意味がないので上司接待サービス費として残業代が欲しいという言葉です。

若者にとって自分の金を払ってまであなたを接待するなんて損以外の何物でもないと思っているんです。

もちろん尊敬できる上司で、一緒にいることで何かを得られると感じるならついていくと思いますよ。あくまで上司の資質の問題です。

有益な話をするなら有益な場を

酒に任せた勢いの場づくりよりも、本当に仲良くなりたいと思うなら昼食を一緒に取るべきです。

酒に任せた会話に有益な物など何一つありません。大体グチとか過去の栄光の話とか相場が決まっています。

そんなどうでもいいものを話すより、昼食をみんなで一緒に食べたほうがみんなの趣味嗜好を健全と聞き出せますし、会議の時間だって短縮できるんです。

もちろん休憩は休憩なので強引に誘うのはよろしくありません。強引に誘うと「休憩時間も会社からもらえない」と認識するのであくまで参加は自由でなければいけません。

負担も経費のことも何にも考えてない無能だとみなされる

お酒を飲むということはランチと比べてかかる金額は1000円も変わってきます。上司たるあなたには微々たる金額かもしれませんが、部下はあなたより給料が安いわけですからあなたより懐事情は厳しいのです。それを強引に連れて行く様は相手のことを全く考えない「空気が読めないやつ」というレッテルを張られることでしょう。

また家庭を持つ人で家事をやっている人や一人暮らしの人の場合、家に帰ってからもやらなければならないことはたくさんあります。昔の男性の様に家に帰ったら家内が全部やってて後は寝るだけ、という状況ではありません。

相手の状況も察せずに会社終わりに一杯行くかと誘う行為自体がもう空気が読めてないと思われてしまっているのです。

行く行かないは自由だと思っているかもしれませんが、上司の言葉というのはプライベートでも圧力がかかるもの。相手の事情も考えつつ誘うのがマナーなのです。


もちろん若者のすべてにこれが当てはまるわけではありませんが、こういった考えである人は多いもの。昔と今ではいろんな事情が違うのです。当然ですが今に合わせて物事を考えた時、どうするのが正しいのか考えなければなりません。

昔の人はこうだったんだからお前もこうしろ!と言ってしまう人は間違いなく若者からの信頼を損ねますし柔軟な対応ができないし空気も読めない人だと思われることは必至であるとお伝えしておきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です