「アフィリエイター」という職業とは何か?

Posted by

私がアフィリエイターという職業を知ったのは昨年の10月頃の話。

会社で鬱になりかけて辞めようと決めたときはクラウドソーシングでライターとして生きていこうとしていた私でしたが、正直あまりの単価の安さに(1文字0.2円とか。3000文字書いて600円なんてその3000文字書くのどんだけ情報収集大変だと思ってるんだ・・・みたいな話)ライターとして生きていくこともすぐに萎えてしまってどうにかライター稼業で食べていくすべはないものか探していたころでした。

アフィリエイターってなんだろう???

ライターの仕事をネットで調べている時に目についた言葉。

大きく稼いでいる人がゴロゴロいるらしい。やっているのは広告収入らしい。顔だししなくても仕事できるらしい。家で仕事ができるらしい!

これが私がアフィリエイトに出会った瞬間でした。

アフィリエイターとは

アフィリエイト広告で稼いでる人、と多くのブログやサイトでは紹介していますが、平たく言うとインターネット上にある広告を介して利益を上げている人や企業を指す言葉です。

一般でよく利用される楽天や価格.comの様な有名サイトもあれぜーんぶアフィリエイト広告を掲載して物を買ってもらうことによってメーカーさんから広告料として販売価格のいくらか、または1クリックいくらかもらっているんです。いわばインターネット上の広告代理店や雑誌社に近い存在なんですね。インターネットで無料雑誌みたいにして情報を垂れ流しにしているのもこのアフィリエイトがあるおかげです。どこかの誰かが親切心であなたに無料で知識をあげてるわけじゃないです。(中には知らずに本当に無料であげている人もいるとは思うけれど)実際のところはわかりませんが雑誌風の情報配信アプリでもやってると思いますよ。アフィリエイト。

Yahoo!やGoogleでさえアフィリエイト広告を利用して収益の一部をあげていますし、あなたの調べるサイトの商品公式サイト以外にはアフィリエイト広告は貼られている事でしょう。あの人のブログにもこの人のブログにも。

もはやリンク先は全部アフィリエイト広告と言っても過言ではないくらい多いですよ(笑)

クリックした先は商品の紹介しているサイト→アフィリエイト広告です。

動画配信サイトに見られる広告も、スマホアプリについている広告も、どこかの商品の批評をしているブログも、ものを売っているサイトも。そのほとんどがアフィリエイト広告と呼ばれる広告リンクで出来ていたんです。

びっくりですよね?改めてみると知らなかっただけでそこもかしこも広告で出来ているんです。しかもその広告は企業サイトだけでなく一般人が作ったサイトにすらそこかしこにちりばめられているんです。

なのでユーチューバーと呼ばれる人もアフィリエイターの仲間なんですね。同じインターネット媒体を使って広告から物を買ってもらう人、という意味で。

ブロガーさんもメルマガ配信もアプリ製作者でさえ大きな意味で言えばアフィリエイターなのです。

厳密に言うとサイトアフィリエイターとかブログアフィリエイターとかいろんな名前が出てきちゃうのですが(;^_^A

簡単に言うと「インターネット媒体で情報を配信し、インターネット広告によって収益を上げている人」がアフィリエイターになります。多くの場合は活字や静止画で画像を形成している人をアフィリエイターと呼ぶことが多いですが。動画の場合はユーチューバー(主にYouTubeを利用する手法のため)と呼称する場合が多いです。

アフィリエイターのお仕事って?

平たく言うならアフィリエイターのお仕事とはインターネットで情報を閲覧している人に対し、必要な情報を出しつつ依頼主であるメーカーさんのサイトに誘導して商品を買ってもらうのがお仕事になります。

原理で言うならTVショッピングや、実演の販売員と一緒ですね。やり方に違いがあるだけで最終的に「商品を買ってもらってそのお客さんを紹介した分の手数料をもらう」ことが目的になる職業です。

誰でもなれるの?

実演販売員やTVショッピングでの販売は誰でもできる訳ではありませんが、アフィリエイターに必要な物はインターネット媒体だけです。

スマホでもPCでもタブレットでも構いませんし、動画でも静止画でも活字でもできる色々な手法があり、売るものも自分で選ぶことができる仕事で、最低出資金0円でも稼げるのが大きな魅力になります。(インターネットのプロバイダー料とか電気料を除いて)

つまりこのページを閲覧している時点で、あなたもアフィリエイターになるための最低要素はすでにクリアしているわけです。

なので副業として人気が出ている仕事ですし、中には副業を本業にして仕事を辞めてしまった人もいます。実際私も本業やめて副業を本業にした一人ですね。

どうやってアフィリエイターになるの?

アフィリエイターになる方法は1つではありませんが、絶対条件になるのはASP(Application Service Provider・アプリケーションサービスプロバイダー)と呼ばれるサイトに登録することです。

ASPとは

ASPとは、アフィリエイターとメーカーを繋いでくれる存在で、本来ならアフィリエイター自身が紹介したい商品をメーカーに問い合わせたりして一つ一つ探さなければならないところを、紹介できる商品をあらかじめたくさん揃えてくれている場所です。アフィリエイターはASPから紹介したい商品を選び、紹介することになります。ASPに登録し、提携申請が承諾されればその商品を紹介することが可能になり、アフィリエイト広告を利用することが可能になります。与えられたアフィリエイト広告のリンクをクリックしてもらい、商品を買ってもらえば報酬が発生する仕組みです。

実世界でいう所の商品卸問屋のようなところですかね。

メーカー→ASP→アフィリエイター→お客様

メーカー→卸業者→小売店→お客様

こんな感じかな。イメージ的には。商品の流れはあくまでメーカー→お客様なので在庫を持たずに営業するだけで良いのがアフィリエイターの利点です。在庫の心配しなくていいですからね。メーカーさんのために商品紹介の広告を作るイメージで良いかなーと思います。

ASPは無料ASPと言われるA8.netをはじめとしてアフィリエイトB、もしもアフィリエイトなどたくさんありますし、クローズドASPと呼ばれる条件を満たさないと入れないようなASPもあります。有料会員じゃないとできないASPもありますし、売れっ子アフィリエイターになってからスカウトがかかってようやく入会できるASPなんかもあります。

ですが、最初にアフィリエイターになろうと思い立ったなら最初にあげた無料ASPで十分です。

クローズドや有料会員のASPはASPを装った詐欺の場合もありますし、(もちろん全部ではありませんが)初心者を狙った情報の売り付けなんかをしている人もいます。

詐欺にあうかもしれないなら無理かも・・・と思うかもしれませんが、詐欺に引っかからない方法が一つだけあります。

アフィリエイトは基本無料である」ということです。

この商材、10万円で売ります!と言っている人も多い業界ですが、アフィリエイトは無料で出来るということを忘れずにいると、絶対に詐欺には引っ掛かりません。これだけは断言します。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です